AKIYACAN

無料相談
土日も
受付中

新着情報

新着情報

定期借家契約

こんばんは!墨田区の眞成エステートです。

前回のブログで空き家を賃貸として貸し出す際に定期借家契約での、

契約をお勧めしましたが、一般の賃貸借契約との違いをご存知でしょうか?

一般の賃貸借契約は自動更新となっており、

借主が更新を申し出た場合は貸主は余程の事情がない限り、

これを拒絶する事は出来ません(事実上断る事は出来ません)

これ対して定期借家契約は期間満了で契約は終了します。

ただ借主貸主共に合意した場合は再契約出来ます。

ただ貸主は、期間満了の1年~6か月前までに、

借主に再契約の有無を伝える必要があります。

期間内に借主に伝え忘れていた場合は期間が満了しても、

伝えた日から6か月間は借主は住むことが出来ます。

このような形にすれば、貸主は売却時期などを考慮し、

再契約の有無を考えられるので、空家を放置し、

無駄な税金を払う必要が無くなるのではないでしょうか?

空き家をそんままにしている方は、

このような形での活用を考えてみては如何でしょうか?

東京23区(墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区、台東区、荒川区、足立区、板橋区、北区、豊島区、

文京区、新宿区、中野区、練馬区、杉並区、世田谷区、大田区、品川区、中央区、千代田区、港区、

渋谷区、目黒区)千葉県北西部(松戸市、柏市、白井市、鎌ヶ谷市。船橋市、八千代市、市川市、

浦安市)の空き家管理は眞成エステートにお任せ下さい!

眞成エステートは空き家よろず相談所として空き家に関する事(管理・売却・管理・活用・解体)を

ワンストップでお手伝いさせて頂いております!